ウォーターサーバーの水の鮮度の保たせ方

ウォーターサーバーの水は、直射日光が当たることで痛んでしまうことが考えられます。

真空パックで配達が行われているものもありますが、メーカーによってはパック詰めした水の外側からダンボールで梱包することで、水の衛生面を保っている業者も多いです。


現在ではエアクリーナーや、ノズルの場所から空気が入らないように、ボトルから水が減るにつれて真空状態を保てるようになっている仕様のウォーターサーバーが増えています。



ウォーターサーバーそのものの性能が高くなっているので、電源を入れっぱなしにしておくことで、飲み干すまで十分に衛生面は保たれています。


長期的に電気が使えなくなったときには、1~2日のうちに飲み切らなければ水が痛んでしまいます。



水道水を飲まないようにしている要因の1つとして、塩素があると思います。

水道水の場合には塩素が含まれていることで腐らないようにしていますが、ウォーターサーバーの水は、サーバーの技術と真空パックにしていることで痛まないようにしていますので、開封してからはサーバーが鮮度を保っているうちに飲む必要があります。

ウォーターサーバーの水が痛んでしまう原因は、直射日光に当たっていること、長期的にサーバーの中に水を放置してしまったこと、電源を切ってしまったことが主な原因となりますので、商品が不良品であることよりも保管方法について十分に把握しておくことが大切になります。

メーカーのメンテナンス以外にも、こまめにサーバーのお手入れをしておくことも綺麗な水を飲むために必要な行為となります。